Summer in JAPAN

ハーバード生と学ぶ
英語サマースクール

Learn More

SIJのプロローグ

20XX年、地球はさまざまな問題に直面しています。そこに現れたのが新たな世代です。彼ら新しい子どもたちはこれらの試練に立ち向かい、明るい未来を築こうと決意します。

世界中から集った子どもたちは、3つのアイテムをそろえます。それは

「寛容=他者を理解して受け入れる」
「思いやり=優しい心」
「専門分野=好きと得意」の3つです。

世界中から集った若者たちは旅の前に、SIJと呼ばれる伝説の場所に集まり準備を開始します。そこではハーバード大学の強者インストラクターたちが、知識と経験を授けようと彼らを待っているのです。

強者インストラクターたちのミッションは、子どもたちの隠れた可能性と才能を見出し、磨き上げることです。さらにSIJが織りなす伝統と情熱の環境下で、子どもたちは多様な人たちと意見交換をおこない、新しい知識を吸収し、そして一生モノの友情を築くのです。

さあ、この知性と情熱の旅に最初の一歩を踏み出しましょう。
参加する子どもたち、インストラクターたち、明日を創り出すみなさんが、人類の課題に果敢に挑戦し、より明るい未来を切り開いていくのです。

 

SIJ 概要
設立年:2011年〜現在
開催地: 大分県大分市 
公用語: 英語
講師陣: 主に米国ハーバード大学の学生、厳選な筆記試験と面接から選ばれた才気あふれる優しいキャラの持ち主たち
受講生: 未来を担う7歳から18歳の若き才能たち
設立者: 廣津留真理 (ディリーゴ英語教室・Good Habits主宰) Dirigo website
共同設立者: 廣津留すみれ (ハーバード大学、ジュリアード音楽院卒) Sumire’s website

ミッション:未来を担う若者を育てる

ミッション:愛とサポートを子どもたちに届けます

私たちSIJにとって、若者はみんな同じ家族の一員です。家族と同様に、みなさんを無条件の愛とサポートを提供します。

私たちの目標は、若者が成長し、自己の可能性を追求できる環境を創造することです。

3つの目標

①生涯学習: 

人生は絶え間ない学びと成長の旅です。創造性・発見・新しい経験を大切にする若者を育てます。

②個人の充実:

自尊心、幸福、心身の健康を通じて自分の人生に意味を感じる人に育てます。

③人類への貢献:

SIJは、人々が生涯を通じて社会にポジティブな影響を与えることで、地球をより良い場所にできる、そんな社会を目指します。

SIJのモットー

未来を予測する最善の方法は、それを発明することだ。

■■■

SIJ受講生からのメッセージ

松島悠希
ブリティッシュコロンビア大学2年生

SIJは私にとって人生を左右する分岐点となりました。2015年に初めて参加した時は親の意向で参加したものの、その後、2016年、2017年には小学生だった私自らが再び参加したいと考えるようになりました。

SIJに参加した時の様子(2015年)

キャンプに参加する中で英語などの勉強面だけでなく、親から初めて離れ自立することの重要性を含め、様々な体験を通じて多くを学びました。その中で印象に残っているのは1日のレクチャーが終わった後にあったハーバード生の生活などをまとめたプレゼンテーションを聞いたことです。そこで日本の大学で見られる受動的な教育システムとは対照的な自由で自ら知識を追い求める能動的な教育方法に惹かれ、海外の大学へ行くことを決心しました。

芸術好きの一面もお持ちの悠希さん

SIJを通じて私は自分自身の可能性を広げるための一歩を踏み出す勇気を持つことができました。また、異なる文化や価値観に触れ合うことで、世界に対する見方が一新され、個人だけではなく、社会全体、周りをより良くするために何ができるかを考えるようになりました。このキャンプでの経験は、私の将来のキャリアに大きな影響を与えるだけでなく、人生の質を高めるためにも非常に重要でした。

カナダの大学のお友達と青春をエンジョイ!

毎年好評の廣津留すみれと仲間たちコンサート(2013年から)

ニュース一覧

    これまでのSIJ

    summer in japan